page_banner

ALB

  • ALB Micro-Albumin Rapid Test Device/Strip (Urine)

    ALBマイクロアルブミン迅速検査装置/ストリップ(尿)

    尿中の少量のアルブミン(微量アルブミン尿)の持続的な出現は、腎機能障害の最初の指標である可能性があります。糖尿病患者にとって、陽性の結果は糖尿病性腎症の最初の指標となる可能性があります。治療を開始しないと、放出されるアルブミンの量が増加し(マクロアルブミン尿症)、腎不全が発生します。2型糖尿病の場合、糖尿病性腎症の早期診断と治療が特に重要です。腎機能障害に加えて、心血管リスクが発生する可能性があります。通常の生理学的条件では、少量のアルブミンが糸球体で濾過され、尿細管で再吸収されます。20μg/mLから200μg/mLの排出は微量アルブミン尿として特徴づけられます。腎機能障害に加えて、アルブミン尿は、身体的訓練、尿路の感染症、高血圧、心不全および手術によって引き起こされる可能性があります。これらの要因が消失した後にアルブミンの量が減少した場合、一過性のアルブミン尿は病理学的理由がありません。